2017年07月15日

同伴競技者の動きと一言に対する対処

「私、カートが動いているときに気になって打てないです。」

原則として、アドレスに入ったら、他の人は動いたり、話をしたりしてはいけませんが、

必ずしも、守られないですよね。

言い方悪くて、不穏な空気になるのも嫌だし…



もう一つ、具体例を、



「なんかね、これ入ったらパーだね」

と先に言われるとミスすることが多いです。


この場合、無意識で応援している人と、

装って性悪な人(ゲームとして楽しんでいる人)

がいます。

結果的に入る入らないはあるのですが、


「相手の言動に惑わされた自分が悔しいというか…」

そうですよね。




と朝イチからご相談を受けたので、秘策をお話ししました。

そういう作戦があるんですね、ビックリされました。

ある程度、上手打てる人は、「相手との距離感」技術ですよというお話です。




一つは、「話を聞くふりをする」

受け入れて、流す。

いちいち反発すると心に波が立ちます。



もう一つは、準備することです、


あの人、絶対このタイミングで◯◯と言ってくるよ、

ワンパターンやな!と準備しておくわけです。

実際に言われても、思っているよりダメージが少ないはずですよ。



口で潰すとか、しょうもない作戦を上から破りましょう。

私の性格の悪さがバレますね(笑)
posted by Mr.K at 10:50| 【コラム】ゴルフは8割メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビのゴルフ見過ぎに注意

今日、良いことに気がついている人がいらっしゃいました。

「テレビのゴルフと自分のゴルフは違う」




あら、気づかれましたね。


早く気づいた人は上手になりますよ。


パーオンして、バーディーパットを打つのだけがゴルフじゃ無いですよね。

プロゴルファーのスイングを真似してもほとんどの場合、

役にたたなかったりします。

なぜなら、絶対的な練習量と考え方と経験値が違うからです。






安定的に80台で回るためには、



バーディーを取るために回るのではなくて、


まず、

「パーを取りに行って、トリ」にした数を計算してください。



それをダボで終わらせる方法を紙にかきましょう。


それができるようになったら、


「パーを取りに行って、ダボにした状況を書き出しましょう」



それをどうしたらボギーにできますか?




まず、夢をみる

(ボールを30ヤード飛ばしたいとか、このクラブが使えるようになりたい)


のではなくて、


「今の自分の手札で、どれだけディフェンシブに戦えるか?」

フォーカードではなく、

フルハウスを

あるいは、ツーペアで構わないのです。



こういうゴルフは人によっては面白く感じないと思います。

別にそれは全然構わないので、選択してください。


「ベストスコアに挑戦したいのか?」




話がずれましたが、絶対ダボになると思うなら、

レッスン時に聞いてください。

ほぼ間違いなく、ボギーで切れる回答がありますので。

(あくまでも80台で回ることが目標の方のための記事です)
posted by Mr.K at 00:57| 90切りの為の戦略と練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

例えば、「本気で」100を切りたいならば・・・


基本的に、

単なるポジティブ思考では良い結果は得られません。





メンタル面の改善方法は、

いろいろあるのですが、

今回はメンタルの話ではなくて、

具体的な数値のプランについて、ご説明します。

人気ブログランキングへ


ゴルフ上達法ブログランキング





続きを読む
posted by Mr.K at 12:57| 100切りの為の戦略と練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

練習はボールを打つ前に始まります。



ゴルフがうまくなるためには、


「どういう形を作りたいか?」も大事ですが、



「どのように練習するか?」が大事です。


さらにもう一歩踏み込むと、


その前に、

現状を無視して、

「どういうゴルフが理想なのか?」をイメージしてから練習するとうまくいきます。


結構な高確率で。
posted by Mr.K at 09:36| 【コラム】ゴルフは8割メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ボールの位置はとても重要です。

上達するための小さな習慣(1)



ボールの位置を定めてから練習すること。

・まず、ボールを打ち出すライン(目標線)を明確にします。

次にその目標線に対して、直角の線を具体的に引き、

その間に両足を揃えて立ちます。

そこを起点として、

左右の足を何センチずつ開くと良いかを探すと良いです。

僕が読んでいるゴルフの教科書は、

両足を揃えて、そこから右足を広げると書いてあります。

(すると自動的に左足かかと線上にボールがあることになります)

※ただし、個人差があるので、それを見つけることが重要です。



ボールがスイング軌道の最低点になるよう置くことを、

「意識」することは、非常に重要です。


起点がないと、コースで応用が効きづらいかもしれませんね。
posted by Mr.K at 19:19| 上達するための小さな習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。