2016年01月16日

290ヤードから⇒さらに330ヤードヒッターに伸ばした人の実話

飛距離アップトレーニングで

以前こんなできごとがありました.



私の素晴らしい先輩のプロゴルファーのお話です.
(PGAトーナメントプレーヤーであり,
 海外のQTにもチャレンジしていた人です)


おそらく普通の人は真似できない練習方法です.

そもそも危険だし,
残念ながら
一人でできないからです.

そして信頼関係がないと無理だからです.




4年前?の冬のことです.

私たちがいたコースは冬場はかなり雪でクローズとなり
コースを回ることができませんでした.


その先輩はもともと280〜290ヤード飛ぶ人だったのですが,

あるトレーニングをすることによってさらに飛距離が伸びました.




信じられないかもしれませんが

実話です.

その人は,
当時(ここがかなり重要)



「体重移動が大事だ」と言って,


その冬の間,

ずっと片足を上げて踏み込んで打っていたのです

私はコースに出て,ずっと先輩のスイングを撮影する係でした.


さらに

先輩と僕の二人で図書館に行って

「ゴルフ」ではなくて,

「野球」と「ピッチングの本」ばかり読んでいました.

僕らが掴みたかったのは,

始動のタイミングや踏み込むポイントでした.






そのうえで,先輩は雪が舞う寒い練習場で

トスされたボールを

ゴルフの素振り用のバットで「ゴルフボールを打つ」

という荒業を行っていました.

(注:絶対に真似してはいけません…)

その練習バットには

はっきりとボールを打ってはいけませんと書いてあるのですが,




僕らは「完全無視」して練習しました.




その結果,黒い素振り用のバットが何本も折れました…

最後は私が青いガムテープを買ってきてグルグル巻きました.

その『証拠の品』があったので台所で撮影してみました.

伝説の青バット.JPG


※他の人が見ても何の目的でこの状態なのか,

さっぱりわからないと思います.

とりあえず,

本気で正気だったのはたしかです.




その結果,先輩は

春になってどうなったかというと,


普通に330ヤードヒッターになりました(驚)


カートキックとかフォローとかそういう
しょうもない話でなくて,
当たり前ですがレーザーで計ったような正確な距離のことです.


この練習は実際,かなり効果があるのだと思います.







このとき僕は何をしていたかというと









ええ…








ずっとトスを投げていました…








一人ではできない練習ですから…


おかげで間近に観察し続けることが

できたから良かったです.













実は,この話には

後日談があります.


結局先輩はこのスイングをいろいろあって,

「止めた(変えた)んですね.」



先輩曰く,

「あのやぁ〜,あの練習はやりすぎだったわ」








ええ〜(涙)


その過程を経て,

実際に今では,

その先輩も私も今はバランス重視の

「腰を切り過ぎないスイングを目指しています」

(⇒ただし,私の場合,名残で腰がグルングルンしてます)



なので,

間違いなく効果はあるし,

先輩のやったことは無駄ではなかったと思いますが

全面的にはオススメしません.

(※雑誌の『体重移動の記事』
 デメリットに対する
 言及が当たり前ですがあまりなされていません)





足踏みとトスバッティングの

メリットは

「飛距離が伸びること」



その上でデメリットは

「振り遅れやすくなること」



その両方を天秤にかけて練習に採用するか決めてください.

でもトスバッティングは危険なので

絶対にやらないでください.



もっと確実な方法をお望みなら…

こちらにヒントがあります。

飛距離アップの方法は、「思いっきり振れば良い」
わけではありません。

プロだからこそ知っている独自のメソッドがあります。
↓↓↓

飛距離革命+30


ブログランキングで飛距離アップを探す
↓↓↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村



posted by Mr.K at 16:56| 飛距離アップの「新常識⁉︎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする