2017年08月17日

自分に対する質問の質

ラウンド中、自分にどういう問いかけをしていますか?



「ここから乗らないんじゃないか?」

「池を超えないのじゃないか?」

「ここで失敗したらみんなが笑うんじゃないだろうか?」


以上に当てはまる人、


実は、


「ここからあと3打であがるとすると、このショットはどこへ打つ?」

「ここからよくなるとすると、何がきっかけになる?」

「ここから、冷静にボギーで損切りするために、一歩引くことができる?」


という質問をしている人もいます。

(私の考えではなくて、私が調査した結果です)




何も考えない方が最高のパフォーマンスが出ます。




では、もう一つ質問をします。



最高のパフォーマンスが出ない時に、


それでも上手にスコアをまとめる人がいますよね。




その人のどこを見るか?


「スイング」のように目に見えるテクニックだけでなく、


「プレー中に、自分とどういう対話をしているのですか?」


と聞いてみてください。



その時、自分とのギャップに気づくことができます。



ゴルフで必要なメンタルとは、


我慢強いという意味だけでなくて、

自分の得意パターンと不得意パターン、

さらには、

自分以外のケースも知っていることも重要です。


レッスンでまたこのことについてお話ししますね。


2010年11月22日

簡単データのつけ方 F・G・U

スコアカードにはだいたい4人のスコアを記入することができますが,

そこの一番上(または左)に「スコア」「F」「G」「U」と記入します.


「スコア」は通常のように数字や記号を書きます.

(−:パー,○:バーディ,△:ボギー)


※ちなみに80台が安定して出るまでは,
ボギーペースを基準にスコアを考えると

「楽しくできます」

つまり,
ハーフ45なら+9ではなく,

ボギペー:イーブン

私もゴルフを始めて1年くらいは42だったら,

「3アンダー」のように数えて,楽しんでいました.


※ボギペーから普通の数え方に変えたときは,
ゴルフが難しく感じました.



ちなみに安定して100切れるまでは


発想の転換として

「ダボペー」で数えるのも良いと思います.


ダボペーパープレー108なので,ダボペー10アンダーで100切れます!!

ダボで「−」
トリで+1
パーで「◎」の方が「諦めずにプレーが続けられますよ」






F・G・Uとは,それぞれ,

F:フェアウェイキープ率
 (本当はドライビング アキュラシー?というのかな)

G:GIRの頭文字(Greens in Regulation)  =「パーオン率」を意味します

U:up-and-down = いわゆる「寄せワン」のことです.


別に英語でなくても
「フェ」「パーオン」「寄せ1」と書いてもかまいません.




各項目に対して,

1ホールごとに,

上手くいったら「○」
上手くできなかったら「×」
対象外の場合は「−」
と記入します.


例えば,
「−」:パー3のFはないですよね.


それ以外にもパー4で「G」が○なら
「U」は「−」になります.



つまり,

パー4でティショットがラフに入って,
セカンドがグリーン左のラフに外し,
そこから寄せ1でパーなら

「スコア(パット数)」「F」「G」「U」は

それぞれ

「4(1)」「×」「×」「○」となります.


同様に,
パー3でティーショットでグリーンに乗らず,寄せワンも上手くいかずのボギーなら
「△(1)」「−」「×」「×」




これで何が分かるのかというと,

まず自分のショットデータ,

つまりパー3が4ホールあるとするなら


ティショットのフェアウェイキープ率が
「(Fの○の数)/14」で出ますよね.

全ホールのFが14回○なら,

14/14 つまり100%です! 

⇒本当はもっというと,

「ある期間のデータを積み重ねて比べていけば,
自分の練習が統計的に有意な練習なのか?」

がもっと具体的に分かるはずです.

(細かい分析が好きな人は是非やってみてください)




それ以外も対象となる回数をもとに確率を割り出すことができます.



データをつけることのメリットは,



(1)スコアと同時に,自分のショットの出来を
   より客観的につかむことができるようになります.



(2)自分がどの分野を練習すればさらに向上できるか,
   データを分析すればわかります.


(3)F・G・Uは密接な関係があります.






「?」をあげるためには「?」を高める必要があり,かりに上手くいかなくても「?」の技術が

ゲームを作る.
とか

「?」が駄目でもまだ「?」次第では,なんとでもなる


ということが「段々と見えてきます」

(「?」にはF・G・Uのいずれかが入ります)



ただし,

「F」をあげるために,ドライバーをたくさん練習しても,

なかなか率が上がらない方は,


遠回りのようですが,

6番か8番くらいを丁寧に練習すると良いと思います.

その上で,

アイアンが上手く打てて,ドライバーの率が上がらないなら,

「アイアンとウッドのクラブの流れ」を

クラブの専門家か上級者に見てもらうと良いと思います.



どうしても「F(つまりティーショットの精度)」を上げたくて,

ドライバーしか練習しないことは,

おそらく逆効果の気が個人的にはします.



ちなみに,ドライバーをまっすぐ遠くへ飛ばし『続ける』ことはかなり難しいです.



なので,この時間を地味にAWやPWのハーフ,3クォーターショット等の練習に当てるのが,
実は効率が良かったりもします.


ただし,ここまで徹底的にやるのは「人によっては苦痛に感じると思います」

しかし,「やり続けるだけの価値は確かにあります」



もっと細かいデータのつけ方(心理+データの応用編)はまた

いずれお話させていただきます.

2011年07月16日

スコアカード分析@データ編 ※中・上級者向け

こんにちは,暑い日が続き一日で日焼けしますね。


先日ゴルフパートナー名古屋鳴海店で購入した激安UT2980円



50度と58度(0バウンス)の試打をかねて,

久しぶりにプライベートラウンドをしました。


後半は私も友人のゴルフの先生にスイングをチェックしてもらったおかげでショットが好調でしたが,


相変わらず,パターが難しいです!





☆今日は,Happyスコアカード分析☆

のやり方を説明します。

スコアカード写真jpg.jpg




まず,スコアカードを一枚用意します。

私は競技以外なら同伴競技者のホールバイホールのスコアは全部覚えているので,特に書きません。


スコアカードの一列目に自分のスコアとパット数を書きます。

続いて,

FWやフェアウェイキープ率

パーオンやGIR(グリーンインレギュレーションという意味です)

寄せワン(Up&Downともいいます)

サンドセーブ(バンカーからパー以下で上がる)などのように項目を書きます。

※写真を参考にしてください。



OUT/IN あるいは西・東などどこのホールからスタートしたかを書いておくと良いでしょう。



一番のティーショットを打って,フェアウェイなら〇,ラフやバンカー,OBなら×と記入します。




このとき,



いちいち感情的にならず,

「淡々と書き込む癖を身につけましょう」





また,ものすごく後悔したり,頭にきたときは,



もう一つカードを用意して,「心理メモ・ゴルフ殴り書きスコアカード」も用意すると良いです。





写真の「−」は何を意味するかというと該当がないということです。


例えば,パー3では一打目にグリーンを原則的には狙うわけですから

「FWキープ率」の項目は分析から除外して構いません。


同様に

パーオン(GIR)に〇がつけば,


寄せワンはしないので「−」になりますよね。




これを一定期間くりかえしたり,



ボギー列車(ボギーが連続しちゃったときですね)

に乗っちゃったときの



パターンが少しずつ見えてきます。



わからなければ,私が分析するので,スコアカードを持って,

レッスンに来ていただいたときにのんびりとお話しましょう。




今度「心理メモ(殴り書き・走り書き)」のつけ方についてお話します。

2011年07月25日

スコアカード分析A 自分と向き合う ※中・上級者向け

前回に引き続き

スコアカード分析のやりかた





私は(一応…)スイングのレッスンも行いますが,


それよりも,


コース上で,


「自分とどのように向き合うか?」も大事だと考えています。



レッスン中にお客様にもそのことをお話しすると大体スコアカードに数字だけでなく,


「どういう心境でボールを打ったか?」を時系列で語っていただいております。




そうするとどうなるかというと・・・皆さん新しいゴルフ観と出会います。



大体,

毎回メールで自分なりの分析を送信していただいたり,

「スコアカードを持ってきてくださります」




私は,スコアの良し悪しを見るのではなくて,


「その人の目標とするゴルフに近づくために何が必要なのかを見抜く」


ために,毎回レッスンのときにチェックしております。




現在は,私が行うラウンド心理分析は

スクール生のみのサービスとして行っております。




皆さんも,「スコア,パット数」だけでなく,


「コースで何を感じて,どういう練習が必要だと思ったか?」


をメモ書きすると,


脳が重要なものとそうでないものを識別し始めますので,


ぜひ,自分なりの方法で良いのでぜひ始めてみてください。










2017年07月01日

スタートホールで緊張する人

スタートホールで緊張する人へ


緊張しても良いんですよo(^▽^)o

ジェットコースターが怖くなかったら楽しくないですよね。


僕はジェットコースター怖いから乗れないのですが(笑)


思いっきり振り切ってOBはOKなのです。


良くないのは、ビビりながら振ってしまうこと。

一日楽しめる前にラウンドが終わってしまいます。



では、どうすれば良いか?


スタート前にゴルフ場の練習場でボール打っていますか?


メンバーさんじゃなくてもボール打ってOKです。

(お客様に質問した時、練習場があることすら知らない人もいましたので…)

仲間がお茶にいくからボールが打てない??

右矢印1

もっと早くきて練習すれば良いのですよ(^-^)


前夜にたくさん打ち込むより、ゴルフは朝に練習した方が良いです。
(寝ると微妙にスイングに影響が出るのだと思います)



どうしてもボールが打てないときは、

できるだけスタート前に良い気分のことを思い出すようにしましょうl



せっかくなら一日を楽しむ工夫を意識的にすることです。

2017年07月07日

そもそも何から練習したら良いのか?わからない問題


ゴルフ・コーチングで
皆さんのお話を聞かせていただくと

「コースでうまくいかない」という理由について、

おそらく、いっぱいあると考えているとは思うのですが、

そもそも、練習の仕方がわからないのではないかと思うようになりました。

アイアン?
ドライバー?
パター?


「何をどうやって練習したら良いのか??」

それ自体が

よくわかっていないのでは、
ないかということに気がつきました。



効率良くスコアを減らすには「何から今すぐ」

練習したら良いか?


このブログでは
基本的にはメンタル面の話を多く取り扱っています。

時間はかかるかもしれませんが、

よりゴルフに適した考え方に

成長していくことは、もちろん可能だと考えています。



では、スイングはどうでしょうか?

体力面から
これ以上の飛距離アップは正直難しいと感じている方…

アイアンショットは、
今のまま変えたくないと思っている方もいると思います。



そうなると、

スコアを縮めるのはショートゲーム(アプローチとパット)
が鍵になります。

でも、

パターも「グリーン」を正確に読める目と

イメージ通りの距離と方向にストロークする技術が必要です。

プロでさえ悩んでいますよね…

そうなると最後の手段は…


ゴルフアプローチ上達革命をするしかないかもしれません。


【そもそも、90%以上のゴルファーの
アプローチの練習は間違っている】


アプローチは、

練習次第でかならず上手くなりますが、

残念ながら、日本の練習場だと

「芝生から打つ経験が極端に少ない」

人ばかりです。環境のせいなのでどうしようもありません。

そうすると、コース上でイメージ通りのアプローチが難しい…


けれど、残りの10%以下の人は

正しい練習方法によっては、

そのような環境のハンディを克服しています。

知ってさえいれば…

アプローチの技術を改善することは可能なのです。


アプローチ上達を考えて見るなら…




今日もお読みいただきありがとうございます。


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村