2017年08月17日

「本当の自分は何がしたいか??」

記念すべき200回目の記事です。

わけわからない内容が多くありながらも・・・読んでいただき、ありがとうございます。



私、最近学生さんともお話します。


大学3年生や4年生の時期で、

みなさん就職活動に励んでおられますよね。




私、その頃何をやっていたかというと、ゴルフの練習をしていました。



就職活動しないのは、「大学院に行く予定です」と嘘をついてまで(笑)



本当はゴルフの道に進む気は、

満々だったのですが、


やりかたは全然わからないし。


何せ、ゴルフが全然上手でないので、

人に言ったら、大反対されるし、馬鹿にされると思っていました。



父にだけ、ゴルフやりたいと言って、

名古屋をフラッと離れたりもしました。

電話にも出なくなりました。

(ちなみに、当時はだれも賛成も反対もしませんでした・・・)




エネルギーはめちゃめちゃ高かったのです。




だから、当時の周りの人を見ても、

社会に出るために燃えているんだ・・・・・・・・・・・



と思ったのですが、


冷静に、


いろいろと話を聞いていると

「そうでもない」と、

感じている人もいる人もいらっしゃるんですね。




でも、突然気がついたりするわけです・・・「あれ、このままでいいの?」






自分のやりたいことをやるのは、確かに厳しいかもしれないけど、

いつも私は周囲の人たちに助けられてきました。



「このままでいいの?」と思った方と

もっとお話をしていきたいなと思います。





私はゴルフを通して、

もっと健康でHAPPYな毎日を過ごしたい人や

目標に向かって一緒に走る人とお付き合いしたいです。


ありがとうございます。



92
posted by Mr.K at 14:44| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

今日から再スタートします.

8月31日をもってザ・カントリークラブを退社しました.

今日まで,

引越しの手続き等でバタバタしつつ,

今月末の2nd QT(ツアー予選会)の為にアイアンとウェッジを新調

(→今年からプロルールではアイアンの溝規制の為,クラブを全部変えなければならないためです)


しながら,錬ランのスケジュールを組むなどを同時に進めていく必要があります.


レッスン活動をするためにもこれからさらにテーマを持って勉強していきます.

(ザ・カントリークラブを退社したため,一度すべての計画が白紙になりました…)



お世話になった皆様,ありがとうございます.

そして,

これからもまたよろしくお願い致します.


このホームページは不定期で今後も更新していきます.

質問も随時受け付けますので,お気軽にどうぞ.
posted by Mr.K at 23:43| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

クラブセッティング妄想記

最近,クラブセッティングについて考えています.

2010年から始まったプロの新溝ルール規制のために

アイアンセットを一新したのですが,

52度,58度(60度も使用していた)

に加えて,


64度を使ってみようと思います.

新溝の58度がイメージしているよりもロブが打ちにくいので…



また,今まではウッドも,ドライバー,スプーン(13度)7番ウッド

だったのですが,

ドライバー,スプーン(13度)は残して,代わりに

17度or18度フェアウェイウッドと

UTを22度〜24度を検討しています.

その代わりにアイアンは5番を抜いて6番からになります.


まとめると


☆現時点☆

ドライバー(8.5°) スプーン(15°),7W(21°),アイアン,52°,60°


☆新セッティング案☆

ドライバー(8.5°),スプーン(13°),FW(17°),UT(22〜24°)新6I(27度)〜新PW(42°),新AW(46度),52°,58°,64°
※新アイアンのロフトが立っているため,64°を入れるとウェッジが5本になります.


14本しかキャディバックに入れられないという制限がある以上,


長い番手で今以上にできるだけ飛ばすことを優先しつつ,
(リスクを背負いつつ)

ショートゲームに今以上に細かさ(執拗さ)を求める
(リカバリーに執念を燃やす)




一方で,

180ヤードから220前後はFWとUTで

『ものすごく適当』に打っていく作戦です.
 


もともと5番アイアンより7番ウッドの方が

(ボールが飛ばなかったので)

使用頻度が多く,しかも,

ショットの精度が高いので,

(なので,昔は5Iの170ヤードより7番ウッドの205ヤードのほうが,
 グリーンに乗る確率が高かったのです)


この40ヤードの距離を2本でカバーする作戦です.


ロングホールは2つで届くなら,スプーン(13度)かFW(17度)で打てば良いわけですし,

仮に乗らないとしてもPW,52度,58度,64度のどれかを使った,

ランニングなり,ピッチエンドランなり,ロブショットで対応できるはずです.


逆に届かないなら,UTか6番アイアンで「残り100ヤード」など

ウェッジのフルショットの距離

=自分の得意な距離をはっきりと

残せば良いわけです.



ロングで届かないのに,長い番手(スプーン等)で打って,

OBや50ヤード前後の難しいバンカーに入れるようなことは絶対に避けたいですから.



17度のFWがあれば,ある程度狭いホールのティーショットでも役に立つと思います.


ヘッドとシャフトを何で組もうかとわくわくと妄想してばかりです.


実は私は,

過去に9番ウッドや11番ウッドも試したことがありますが,


『UT入れて,アイアンは6番からしかありません』って



「ロングアイアンが打てないなら駄目だ」っていう人からすれば,



プライドなんて全くないセッティングかもしれませんね(笑)


要するに自分が使っていて気持ちいい(=イメージが合う)と思え,

意図する距離と弾道が出るなら

それが自分にとっての最高のセッティングだと私は思います.

今,以前使っていた

中尺パターも引っ張り出してきたところですし…



posted by Mr.K at 01:37| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

デザインを変更してみました.

誰も読まない長文をつい書くのが癖なので,

ホームページがぐちゃぐちゃしてきたので,

「とりあえず,当分は白」でいこうと思います.


ミクシィを最近再開したので,


昔の知り合いの方は

「ご挨拶しに行くかもしれません」

またよろしくお願いします.


金曜日から日曜日にかけて,関東方面のお仕事を頂いているので,

張り切って出かけます!

(2次会&ゴルフ部OB会に参加せず,申し訳ありません)

先輩おめでとうございます.お幸せに.

先輩は昔の私にとても良いアドバイスしてくださいました.
ありがとうございます.


posted by Mr.K at 00:20| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

レッスンに対する謎というか誤解…世間の方はそういうふうに思っているの?

雑感なのですが,

たまに「ティーチングプロとかレッスンプロは職業だから」


「生徒をなかなか上達させないで,レッスンを引き伸ばす」


ということを聞きますが,

それは本末転倒な気がするのですが…?

※ちなみにグループレッスンでお友達の交流が楽しいという方も
 いらっしゃるのですが,
 それはそれですごく良いことです.
 むしろ真理に近い気がします.





そんなつもりで
(=上達させないでお金を騙し取る?的ニュアンス)

やっている人もいるんでしょうか?




私は私自身のゴルフの先生に


「もう一度回りたいと思ってもらえるようなプレーヤーに,
 お前自身がまずなれ」

と教わりましたし,

アニカ・ソレンスタムのコーチであるピア・ニールソンは

「あなたがあなた自身のコーチとなりなさい」

と確か述べているはずです.


つまり,

最終的に決断するのは

私が言うまでもなく,

「自分自身」なのです.



基本的にお互いのためにも

「方針が合わないなら別れたほうが良い」と思いますが,


「その人の上達を科学的にかつ情熱的に考える」


っていうのは,

プロとして絶対必要で,


「そのうえで,早く卒業してもらう」
(=自分で考えることができる状態になる)
っていうのが,


手腕だと思っています.


 そのうえで,卒業してからも

「また一緒に回ろうや」って言って頂けることがとても嬉しいです!



つまり,

私は,

「その人が上達するために全力を尽くすし」


主に

「スイングよりも目標設定や取り組み方」が大事かなと思っているので.

(もちろん,アドレスとアラインメント,バランス等は非常に大事です)


もちろん最低限のドリル練習は考えますが,


私は「ゴルフが上手くなりたいって言う人」と会話するときは


「この前はこういうことがあってね…そのときは,こういう風に考えて,…っていうふうに改善したいんだけどどうしていこうか?」

っていうのを一緒に考えていきたいと思っています.




みんな,環境が違うし,

これからどれだけゴルフができるかなんてわからないのに

いい加減なこと言いたくないです.




その人にとって良いことなら,


私は別の先生(ツアープロやティーチングプロ)を紹介しますし,


あるいは病院やトレーナーさんのほうが私より的確なアドバイスをしてくれるときもあります.


(例えば,良いスポーツ整形外科で理学療法士さんと出会ったおかげで,
 ありがたいことに私は体の状態がだいぶ改善されました)





『私の考えが全て正しい,他は間違っている』というのは,


苫米地博士のいうところの「スコトーマ(盲点)」ができている状態に,

他ならないと思うのです.



基本的にゴルファーは良い人が多いです.

あと,

『飛ばし屋はナイスガイが多い』

っていうのは統計的に何も証明されていないですが,

私はよくそう感じるときがあります.

たまにずるする人もいるけれど,
そういう人も何か『心理的な問題があるのかもしれない』から,


(※例えば,推薦で学生1部リーグに入っている人は90打ったらクビみたいな?
厳しいルールを課しているところもあったり.
ずるしてでもいい成績を上げないと親やコーチに罵倒される…っていう例は実在します)


だからズルしていいわけじゃないけど,追い込まれてしまっている人もいるのです.


私はそういうゴルフをやってほしくないし,


私自身今以上におおらかなゴルファーになりたいのです.

(実際の私は競技中に疑義が生じたらきちんと説明を求めますが)


とりあえず,せっかくの楽しいゲームなので,

Happyな感じで上達していきましょう.

それがこのラボの基本方針ですから.
posted by Mr.K at 00:09| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

移動月間の為,新幹線やホテルでゴルフ相談させていただいていました.

先月から約一月に渡り,某ゴルフメーカーさんの

お仕事をさせていただきました.

(ミクシィ日記読むとわかってしまうけれど,
 昨日はツアー最終戦のこともあって熱い一日でした)


先週の金曜からは大阪⇒岡山⇒九州⇒名古屋とずっと移動だったので,

なかなかこのホームページの更新ができなくてすみませんでした.


移動する途中に立ち寄った書店で

ゴルフと心理に関する面白い本(濃いめな内容)も見つけましたし,

クラブや体のケアについて最近はもっとしっかり学びたいし,

できれば適切な方と組んでお仕事ができる
(そういう方に選んでいただけるような)

人間に私はなろうと思います.


個人的にスイング分析よりも

「HAPPYゴルフのお手伝い」的なポジショニングで

ゴルフの上達を一緒に考えていくつもりなのですが,
(コースでどういう考え方が『その人自身にマッチするのか』?等)


今日も名古屋に変える途中で立て続けに3名の方からメールやお電話を頂きました.

(近しい人には電話やメールで随時カウンセリングを受け付けていますので,お気軽にどうぞ)



正直に言って,私は人とお話しすることがあまり得意ではないにもかかわらず…



今回のイベントでも改めて感じたことなのですが,

「向上心の塊のようなゴルファーとは本当に何時間でも話せる」

くらい楽しいです.



スイング分析というか『その人にあった練習ドリル』を考えたり,

適切なクラブや

実は一番大事な『体のケア』の方法をコンサルタントするために,

(場合によっては私以外の専門の方にお話をふることが大事だと思います)



私自身が今後も大量のインプットと技術の練習…言うまでもなく『現場』に行くこと!


つまり,「私がゴルフをやり続けたいし,もっと上手くなりたい」っていうのを,

突き詰めていかないといけないと感じています.
posted by Mr.K at 20:00| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

競技の後に選手がしていること…意味のあるコーチングとは何でしょうか?


競技ゴルファーを目指していても,

初めの頃は,

1日競技か2日競技くらいしかありませんが,

自分の競技に参加するレベルが上がってくると,

3日間とか4日間の長丁場になってきます.

その期間はゴルフ場の近くにホテルをとって,
ゴルフ場とホテルを往復するみたいな生活になります.
(ご飯とか温泉に行ったり・マッサージを受ける人もいます)


そういう競技期間中の1日目が終わったあとには,

選手は何をしているかというと,

当然,課題の修正(ショット編)・パッティング・
アプローチとコースに残って練習しています.

私も仲のよい仲間のゴルファーとラウンド後に,

パッティングの修正をお互いにしたりしています.


その合間に,

「多くの人が電話をしているんですね」

ゴルフは個人競技なのですが,


コーチや先生

あるいはスポンサーさんがあって競技を続けていくことができるという

面があります.


正直言って,スコアが悪かったときなど
お話したくないときもありますが,

そういうわけにはいかないこともあります.

(ここで話しやすい人と話しにくい人がいますよね)



ここで今日のお話は

「ゴルフという競技において意味のある励まし・コーチング」

って何だろう?


ということを考えてみたいです.

極端な2タイプを考えてみました.
(私自身にもいろいろなタイプのコーチがいらっしゃいました)



Aタイプ:

(私にとって)
話しても無駄だと思うのは,「悪いスコアだったときに」ただ
その人の感情的に怒り(自分の期待を投影している),

具体的に指示も作戦もないまま,
「そんなスコアなら,もう帰ってくるな」という人


⇒私にも経験がありますが,

プレーしているのは私自身の問題なので

こういう人に電話するのは

「無駄だけど報告する」みたいな感じになってしまいます.

※私自身はこういう人を自分のコーチとして
全く認めていなかったので


「毎日ノートで日記を提出させられていたのですが,感情を全く込めずに書き続けました」

(心理状態に興味のある人間なら,その内容を読んだだけで「心を込めていないことがわかる」
 はずだけど,その人は結局表面的に従っているという事実しか見えていないので,
 無意味な関係を続けた)





※私が,ゴルフの先生に一番教えられたことは

『信頼関係のないティーチングは無意味だ』

ということです.

当たり前ですが,


「同じ内容を言っていても,フィルターがかかる以上,
 話が届く人と届かない人」


が存在します.

(⇒つまり,このブログの内容も全員に理解されるとは全く思っていません)

世の中には技術だけが優れていて,人間性がどうしようもない
人でも習う価値はあるというけれど,


結局,関係が続いていかないというのを見てきました.

(しかし,技術が本当に優れている場合は,それを自分が認めることは大事)





Bタイプ:

一方できちんとしたコーチは,

「スコアよりも内容についてきちんと
『どういう対処をしていくか?』を一緒に考えて,
修正点を見出し,明日につなげようと
励まし続けることができる」

未来を見続けて,一緒に考えてくれる

コーチだと思います.


ジュニアでよくあるのですが,

「親が厳しすぎるあまり,親の顔色をうかがいながらプレーをする子は」


やがて,競技を続ける意味を問う場面に来たときに

「すべて無駄だったと思い,やめてしまう」かもしれません.

※他にやりたいことができたとか,どうしても続けられなくなったとか,
やめたほうが本人のためなときもあるけれど,
「基本的にゴルフは面白いゲーム」なのだから,
やりたくなったらまた戻ってくれば良いよ,というスタンスで接したいです.


あくまでも極論ですが・・・



甘やかすのがいいとか,厳しいのがいいというわけではなくて,


自分で「どういうゴルファーになりたいのか?」

という目標設定ができて,

プレーヤーに競技に集中させることができて

且つ自発的に取り組めるように

誰かのためでなく,自分のために

「競技の意味を見出す」ことをサポートすること.


あるいは意味なんてなくたって,

「俺にはこれがすっげー,面白いんだ」

って言ってもらえるコーチングを私は考えていきます.




ただし,今ならわかります

Aタイプの人も,すごく私のことを気にかけてくださっていたわけです.

ただ,その表現方法が合う・合わないの問題なんだということに.

(つまり,この場合,プレーヤとコーチの関係は解消するのが望ましいという結論です)


今では,

私も自分がプレーするよりも

普段一緒にゴルフをしている人が試合に行ったりしているときは,

自分のことよりもドキドキします.

自分から電話したほうが良いのか,

あるいは電話してほしくないタイプの人なのか見極めて

お付き合いしていかないと「自己満足」になっちゃうと自戒しています.
posted by Mr.K at 13:55| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

長く現役を続けるために,必要なこと

野球の桑田真澄氏の本を読んで,

それから昨日の被災地復興支援

サッカー日本代表 VS Jリーグ選抜で

カズ選手のゴールを見て思ったけど,

競技を続けていく上で,努力はもちろんだけど,

継続していくための工夫が随所に見られるように感じました。

(でなければトップレベルを何年も維持できない)


例えば,ゴルフを例の挙げると,ゴルフの場合に必要な体力は,

18ホール歩ききること(競技の場合・・・普通はカート乗れるから)

競技志向のプレーヤーなら


18ホール×競技日数分
「頭がはっきりした状態でラウンドしなければなりません」
(労働的にはプロキャディの方がきついです)


ゴルフは将棋に似た部分もあるのですが,「頭の中のエネルギーを消費して」
ボーっとして凡ミスをする場合があります。
(この辺はメンタルではなくてただの体力不足)


いきなり走るのは難しいですから,

まずは良い姿勢を作って歩く練習からはじめると良いです。

次にゴルフの場合なら

走るときも,マラソン的な体力はあまり必要がないので,

有酸素と無酸素の境くらいのペース(乳酸がたまり始める手前くらいが良いです)

僕の場合,ゴルフ場にいた頃はそれこそ1時間以上走ったりもしていましたが,

「体重が減るので意味がない⇒私の場合は球が軽くなる」

ことに陸上の日本代表の先生のお話を聞く機会があって,

科学的なトレーニング方法を知って気がつきました。



たとえば,他のスポーツとともに考えても

バドミントンは上級者と初心者ではガットの張り方(テンション)が異なりますよね。
ゴルフでもクラブフェースのフック角(左向き度合い)やフレックス(硬さ)が異なります。

技術のニーズとともに使用するギアが変わるのです。

だから走ること一つとっても(陸上選手なら当たり前なんでしょうけど)

マラソンランナーは練習用よりもレース用は

より底が薄いシューズを使用するそうです。

(地面からより反発力を得てスピードを増すために)


つまり,反面,体の各部位にかかる負担が増大します。



何が言いたいかというと,


だから最近は走るときでも心拍数を意識したり,

なるべく土のグラウンドを走るようにしています。

(今は,ほとんど差がないことが,後々で響いてくるはずだから)




たぶんですけどね・・・小中高でスポーツのエリートが育つ背景には,

周りがエリートであることはもちろんだけど,
(自分もそうなれるというモデルがそばにあるから)


科学的な根拠のある練習をつませるスタッフがいるからではないでしょうか??

自分が何にも知らないことを知って,
適切な情報はシェアしていくことが大事だと
最近は感じるようになりました。



私がこれからかかわる人に
いつまでも楽しく成長してもらうためには,

(1)何を目標としているのか?どう変わりたいのか?を理解すること

(2)その目的に対して効率の良いなるべく科学的な(再現可能な)アプローチをすること

(3)なるべくバイアス(偏見)をかけないで,人に接すること (例:ピグマリオン効果)


今のところそういうことを考えています。


※つまり変化の速度は違っても,確実に成長することができると私は考えます。

posted by Mr.K at 15:33| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

プロゴルファー(プレーヤー)の心理 −自分の限界は誰が決めるの?−自分自身じゃない??

2つ年上のプロの先輩とお話を最近よくしていて,
(今年はチャレンジツアーで頑張っています)


ちょっと感じたのですが,

現時点の私がプレーヤーとして,

減ってきている気持ち

が何かよくわかりました。




プレーヤーとして勝負し続けるためには,


いつまでも上をみて戦い続けないと,

「上に上がれません」




ちょっと詳細は個人的なことなので省きます。





逆に言うと,何故やる気がなくなるのか?

「自分なんて,この程度(にしか上手くなれない)」と

その人が感じているだろうな…と。



いうことに最近は気持ちが向くようになってきています。





ちなみにそれ(=自分の限界を勝手に設定すること)


には私は絶対共感しませんけど,



人は変われるから,自分が変わろうと思えば。



私自身も絶対変わるし,もっと良くなるに決まってるし。





話の内容の差じゃなくて,自分はこうだから,

これからこうなるっていう明確さが全然違うので…




それって大事なことだと思うけどなぁ,

あんまり共感してもらえないことが多いけど,


まぁ僕が力はいっていても意味がないから流しますけどね。





コメント不可にしているのに

最近その設定をかいくぐって出会い系とかコメントしてきます。

ゴルフに関係ない時点で削除します。)
posted by Mr.K at 23:44| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

先輩のプロゴルファーです。日記の紹介です。

私が学生時代練習させてもらっていたゴルフ場で,
入れ違いに練習していた先輩のゴルファーです。

他大学の方ですけど,団体戦で当たっているはずです。


一昨年くらいのQT(ツアー予選会)で一緒にラウンドして交流させていただくようになりました。




最近中部学生ゴルフ連盟時代の人たちとよくお会いしたり,再開する機会がありますが,

初心者の頃に回っていた人たちが普通にプロになっているので,


例:
シード選手の上井プロが豪雨の中なのに,
一人だけ69で回っている試合で,

僕は110くらいのスコアだったし(僕らは2部校だったので同じコースを回っていただけですけどね)


昨年中部オープン優勝している梶本プロとは団体戦で3回くらい一緒に回って

…毎回「普通に」100ヤードくらいドライバーで置いていかれてました。)


現在の仲の良い
ゴルフのレッスン関係の仲間も学連時代からの知り合いだったりします。



そうやって考えると

『自分って知らないうちにレベルの高い環境でプレーしていたんだ〜』


と自分が恵まれた環境でゴルフを覚えていたんだと改めて感じました。

(学生を卒業してからも,5年いたゴルフ場でも先輩のプロに一杯教えてもらいました)






人との出会いが大事だと感じます。


紹介したい方は↓↓↓

プロゴルファー松本浩さん

 ゴルフばか日記

です。


とっても上手です,この前,名古屋の私がお世話になっている練習場まで来ていただきました,



皆様応援宜しくお願い致します。
posted by Mr.K at 23:01| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

101回目

もしかすると,記事が一杯になってきてしまっていて,

(攻略法のページで重い写真を貼りすぎたため)


そろそろ移転を考えています。

ブログ通算6冊目?くらいですね。


日記を残しておくとあとあと役に立ちますよ。

考え方がどんどん変わっていくのがわかります。

(芯がブレブレ君なのかも!?)



時期がきたら告知しますので,

これからも私自身がずっとゴルフができて,


そんでもって

皆さんが上達できたら良いと思います。

ではでは〜
posted by Mr.K at 00:03| Comment(0) | 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目をつぶってボールを打つ。−考えるな,感じろ−

最近,ゴルフをレッスンすることが多くなってきたので,


自分でも「考えたことない」ことが増えて,


逆に難しく感じるようになってきました。


(ゴルフって難しく考えると,アウトですよね〜)






ということで,



今日は目をつぶって「ボールを打つ練習をしました」



クラブの重さを感じて,手が悪さをしなければ,当たるはずです。




あと,目で見たり,触感に頼らない方法で,


グリッププレーシャーを変化させない方法
(クラブを握る強さ)

があるので,

またレッスンのときにお話します。


「考えるな,感じろ」


ですね。









僕の妹が高校の時のクラスTシャツで,

真ん中にでっかい文字で書いてあった,

(家でも着ていた)


「Don't think. Feel !」



ってかのブルースさんが言ってたことですね。












ということでレッスンのときは,一生懸命お話を聞きますが,



自分の練習のときは,


もっとヘッドを感じることにします。



なるべく


「理屈なり,理論」を捨てることを目標にしてみようと思います。




何かとゴルフと関係ないことを考えながら練習する


「ぐちゃ錬」(今,考えた造語)


は,


僕はしたくありません。





「とらわれない心」っていうのが練習から必要ですね。



目的を持って

シンプルに良い練習を積み重ねたら上手くなれるはず。
posted by Mr.K at 22:45| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

「私の感覚」と友達になる


今まで電話でお話をしていて,




私は性格的に頑固

(関西だと「へんこ」)らしいけど,


スイングに関して言うと

「こうしなければならない」っていうのがあんまりないなと思いました。


(一応,PGAで基礎は勉強していますけどね)








楽しいのが一番!!


いいスイングをすることより,


狙ったところに落とせるほうが気持ちよいと思うタイプです。



(「だからスイングを良くしないと」駄目って無限ループする)



っていう話じゃなくて,




「狙ったところに打てるように(なるまで)練習すると良い」


っていうことですね。


そこにある程度の効率のよさは存在するかもしれませんけどね?




だから狙ったところに打てなかったら,


いろいろとトライしていけば良いんです。


一緒に考えます!





理屈をつけ始めると,わけわかめ状態になっちゃいます。







(中学生のときに先輩がずっとわけ「わかめ」って言ってましたけど,

何でわかめなんだろう?

海草関係ない気がする〜??


と思ったまま大人になってしまいました)


posted by Mr.K at 01:10| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

群馬県5泊6日ゴルフ合宿の巻

日本プロゴルフ協会の研修で

昨日まで群馬県で5泊6日でゴルフ合宿していました。




月曜日は学生時代の学連の同級生で

(大学は違うけど,同じ練習場で練習していました)


愛知県瀬戸市の品川カントリークラブでレッスンしている

垂木先生と1.5R手引きカートでゴルフしていました。

(おもしろい先生ですよ)


日曜日の仕事が終わり,そのまま写真の垂木先生と合流して,

「途中でホラーDVD見ながら&ホラー話しながら」愛知⇒岐阜⇒長野⇒群馬県へ




群馬に朝ついて仮眠して,



とりあえずゴルフでもしようかということで,

河川敷のコース

「平日回り放題2000円」

でした。

ショートコースだけどドライバーもバシバシ打てるし,でら楽しかったです。










ゴルフ中の写真載せようと思ったけど,

私の写真ってボーっとしているのが多いですね(笑)

posted by Mr.K at 01:03| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

まっすぐに立つのは難しい

先日は一週間群馬県で合宿していたのは前回書きましたが,

昨日名古屋に戻ってからスイングの動画を撮影してみました。




(2011年6月5日時点…スイングはコロコロ変わります:笑)


地面に2本棒を置いているのは,

目標線に体を完全に平行にしたいと思っているからですが,

なかなか難しいですよ!





実は,


先日の合宿ではスイング検定というものがありまして,

教科書(日本のプロゴルファーの技術論の平均値の集約した内容)

どおりのスイングになることを目指して,


瀬戸でレッスンされている垂木先生にスイングを

チェックしてもらいながら練習してきました。

(他にも同じ班になった皆様ありがとうございます)






定期的にスイング動画やゴルフ仲間の方の

スイング動画をペタペタ貼りたいと思うので,

是非,私と一緒に,

楽しい空間を一緒につくりましょう。
posted by Mr.K at 06:00| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

群馬県で5泊6日の合宿でした。

写真.JPG


とても良い天気でした。

傾斜地のショットや大先生に構え方の重要性などを習いました。

入射角とスイングプレーンのイメージを教わり、毎晩友人と練習に行きましたよ。


☆正面☆



☆後方☆



何を習ったは内緒ですが、

ゴルフって毎日勉強ですね。
posted by Mr.K at 11:43| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

のに

今日,ちょっとだけお話したのですが,

ゴルフはこれだけ練習したから,


絶対大丈夫って,思うときありますよね。



そんなとき,本当に大丈夫なときって何%くらいでしょう。



大事なのは,


これだけ練習した「のに」


と思ってから2つに人は分れます。



@これだけ練習したのに,上手くいかない


と結論付けるのか?



Aこれだけ練習したのに,次の方法があるのね


と思うのか?



原因と結果の分析をやめて,もっと「適当に」やるとうまく行きます。
posted by Mr.K at 21:22| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

ゴルフの寒さ対策ー練習編

posted by Mr.K at 10:43| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ゴルフ場に行くとよくわからなくなるもの


@自分の構えた向き

A角度の足し算
(ここからは飛ばなくなるの?フックしやすいの?)

Bバンカーで出なくなったときの打数

Cそもそもどうやってスイングすれば良いか?

他にもいっぱいあるから共感できます。



(特に初心者・中級者の方は、@とAはかなり難しい課題だと思います)


ご相談いただければ、

解決策はいくらでもあるのですが…



その前に、

「どういうゴルフがしたいのか?」を明確にすると

上達がとても早くなります。
posted by Mr.K at 10:44| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

私が好きな中谷彰宏さんの言葉

以下は引用ですが、15年前に
(高校生の頃は、マーフィーの法則と中谷さんの本ばっかり読んでた)

思っていたことが現実になりつつあると思うので、
もっとエネルギーをあげるために。

情熱がある人たちとゴルフを通して
楽しい日々を過ごしたいと思っています。

☆以下は引用☆

『爆風スランプというバンドがあります。
ボーカルのサンプラザ中野さんは、
大学時代好きなバンドのコンサートの警備員をしていました。
ファンがステージに上がり込まないようにおさえながら、
「いつか自分も向こう側に立ちたい!」
そう強く思ったそうです。
それから数年後、中野さんは爆風スランプとして
同じステージに上がることになったのです。
「うらやましい」と憧れる。
ステージを、涙が出るほどの羨望の目で見つめる。
そんな経験をたくさんしましょう。
必ずあなたも向こう側に立てるはずです。
「向こう側」とは音楽をやる人のステージだけを
表しているわけではないのです。
あなたの「向こう側」とは何ですか?
自分にとっての「向こう側」を明らかにしていきたいですね。
こだわっていきたいですね。』

☆☆☆



ロープの内側でプレーしている人も
ステージの上で表現している人、

そういう人は本当に意識が高いし、継続しているからとってもすごい!

そういう人とお付き合いしたいです。

そのためには自分がレベルアップしたい!!


今、寒くても頑張って練習している人は、春にベストスコアが出ますよ。

怪我しないように無理しないでくださいね。
posted by Mr.K at 12:38| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

自分で選び取る感覚を大切に


☆ゴルフについて学ぶ日々☆

人に会うことや学ばせていただくことで、

自分がゴルフやっぱり好きなんだなと思います。


当たる当たらないのはなぜか?
苦しい気持ちを感じる時はあるでしょう。


ある以上のレベルになったら、

ボールを右においたら低めの球
左においたら高めの球
でも、それより低い球を打ちたければ、
角度が少ないクラブを選ぶとか、

なのに、それを全部無視して、
やたら難しいことを気分だけでやっていませんか?

もっと単純で本質的なことってなんでしょう?

どう伝えれば、相手の気持ちに響くのでしょうか?

例えば
Aさん
「(Bさんに)グリーン周りからパターで打つの恥ずかしいって言われて
『それから恥ずかしいと感じるようになった』
どうなんですか?」

僕の答え
「相手の主観だと思うのですが、しっかり聞いて、
ニッコリ笑って、承認して、
それから自分の判断で決めましょうね」

※実際にはパターで打ってもOKなので、「恥ずかしくはないですよ」



状況が難しくて、
角度のないクラブで、球をあげようとして
ミスして、ガッカリする、


のは、
願望しかないからです。

(ただし、願望は超大事です)

願望を達成するためには、戦略が入ります。

戦略を伝えるのが僕の役割です。


自分の中での優先順位をはっきりさせて、

どれを捨てて、どれを取るのか?

自分で理解できるゴルファーになってもらおうと思います。

そうすると、

「自由にな考え方ができるから」

とても気持ち良いと思います^ ^




posted by Mr.K at 11:01| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

数値目標へのコミットメント

最近、とても熱い人が多いです。


具体的に「いつまでに、いくつで回りたい」と言ってくださる人、


絶対、何とかしたいと、


私、強く思います。

お客様以上に、自分もコミットします。


ブログではほとんど書いていませんが、

ゴルフは、

フィジカル、スイング、栄養学、
すべてを考慮していくとても奥深い楽しいゲームです。


そして、そのベースに心があります。



ゴルフについて、

今は、昔以上に燃えてます。


だって人のお役に立てる時が、ようやくきたのですから、

今までの経験が本当に無駄じゃないと思えます。


やっぱり、

過去は変えることができるのです。
posted by Mr.K at 00:07| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

いつも考えていること、伝えたいこと。

生徒さんから
ベスト出ました〜報告をしてくださるの嬉しいです。

「自分の軸」と
「バランス」、
「距離感」

3つの重要性を理解できれば、

相当スイングはシンプルになります。


複雑にしているのは私自身です。


「ゴルフスイングと人間関係の重要なポイントは、

非常に似ているのです」



なんとなくですけど、そんな気がします。


posted by Mr.K at 00:49| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする