2015年01月05日

アイアンとフェアウェイウッドやユーティリティーのシャフトの硬さはどうすればいいのですか?(2)

【前回の質問の続きです】

お忙しいところありがとうございました。

硬さは良く分かりました。

ではFWとUTの選択に悩むのですが、どちらでも変わらないと理解すれば良いですか?




【僕からの回答内容のコピーです】

同じ角度で、同じシャフトなら

ほぼ距離は一緒です。

ただ、

弾道がFWは高く上がってのボールを止めやすい、
反面デメリットとして、風の影響を受けやすいです。

UTは弾道が低くなり、
FWに比べるとボールが転がります。
なので少し風に強いです。

アイアンが得意な方はUTをおすすめしていますが、

19-23度のFWの方が距離は出しやすい方が多いです。

正直、好みですが、

例えば女子プロの場合は、

1w、3w、5w(19°)、7w(21°)、UT(25°)

のように

ロフト角をずらして、
ロフト角が少ないものはFW

23-25度はUTを使う場合が多いです。

F1レースと同じで、
風のコンディションをみてクラブを変えたりすることもあります。

〇〇さんの場合、個人的には

19度前後のFW
23度前後のUT

でヘッドが好みのものを探されたらよいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気軽にご質問ください。

メールで頂いた内容で
他の皆様にも共有した方が良い場合は
個人が特定できない形で本ブログで
質問と回答内容をシェアさせていただきます。

(※内容によっては回答しない場合がありますのでご了承ください)












posted by Mr.K at 19:13| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする