2013年05月24日

練習の効果性に疑問をもつのは、理由があります。


今日は汗ばむ陽気ですね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、

「最小努力の法則」というお話をしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、皆様からの問い合わせメッセージが増えて、

対応が遅くなってしまうときがあり、すみません。

全力で読ませていただいております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・




では、本題に入ります。


「最小努力の法則」とは、

心理学の理論に基づき、


「努力を全くしない」

ということではなくて、

「効果性を最大限に発揮するための練習方法」のことです。


・・・・・・・・・・


ゴルフにおいて、

上達するということは、

「綺麗なスイングをすること」ではありません。


実は理想のスイングを目指すことの前に、

意識して「自分に質問」すると

オススメなことがあります。


それは、このメール本文の
文末にありますので、

少しだけ考えてみてください。
(僕は練習するときに毎回これを意識しています)




それは、何かと言うと、


「自分が理想とする人のスイングを真似するのではなく、

自分の理想としているレベルを達成してきた人の

考え方(価値観)を知り、それを体得する」です。


知っているのではなくて、

「楽しんで」やれている状態になる、

ことが大事です(^o^)




僕もプロゴルファーの先輩と1年半で500ラウンドする

(毎回4アンダー前後でラウンドするレベルの人)

日々があったのですが、

僕は、その人のスイングを真似するのではなくて、

生活スタイルや考え方を真似するようになって、

スコアの壁が破れたと感じる出来事があります。


・・・・・・・・・・・・・




今の自分の状態
(ゴルフも、ゴルフ以外のことも)は、

2〜3年前の自分の考え方が、

作っていると聞いたことがあります。

ですから、

これからゴルフを始める方はチャンスです!


では、これまで、長年ゴルフをしてきた方はどうでしょうか?

このブログではメンタル面の話を多く取り扱っています。

時間はかかるかもしれませんが、

よりゴルフに適した考え方に

成長していくことは、ゴルフ歴に関係なく、
もちろん可能だと考えています。



では、スイングはどうでしょうか?

体力面から
これ以上の飛距離アップは正直難しいと感じている方…

アイアンショットは、
今のまま変えたくないと思っている方もいると思います。



そうなると、

スコアを縮めるのはショートゲーム(アプローチとパット)
が鍵になります。

でも、

パターも「グリーン」を正確に読める目と

イメージ通りの距離と方向にストロークする技術が必要です。

プロでさえ悩んでいますよね…

そうなると最後の手段は…


ゴルフアプローチ上達革命をするしかないかもしれません。


【そもそも、90%以上のゴルファーの
アプローチの練習は間違っている】


アプローチは、

練習次第でかならず上手くなりますが、

残念ながら、日本の練習場だと

「芝生から打つ経験が極端に少ない」

人ばかりです。環境のせいなのでどうしようもありません。

そうすると、コース上でイメージ通りのアプローチが難しい…


けれど、残りの10%以下の人は

正しい練習方法によっては、

そのような環境のハンディを克服しています。

知ってさえいれば…

アプローチの技術を改善することは可能なのです。


アプローチ上達を考えて見るなら…




今日もお読みいただきありがとうございます。




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村