2013年01月29日

態度を意識的にコントロールすること


運動技能の学習において失敗と
否定的な感情をリンクさせないことが望ましいと
個人的には考えている。

たとえば、

自分の打ちたい弾道と違う結果が得られた時、

「なぜこうならないのか?」という反応は、

分析、自責、諦め…など、解釈は人によって異なる。

しかし、熟達者であれば、

出来事に対して不要な意味づけをすることをすることは、
少ないのではないかと推測している。



具体的に言えば、

「今のは、うまくいかなかったね。だから何?」

ということである。


問題が起こることが問題なのではなくて、

自分の問題にしているレベルを問うこと
自体が重要ではないだろうか?


しかし、

最初からそのような考え方ができる人ばかりではない。

「意識し訓練し続けることによって、人は変化できる」

そして、変化できるのは、

自分は変化できると信じている人かもしれない。


失敗することはコントロールできないが、

自分の態度はコントロールできる。

同様に

人から責められることはコントロールできないが、

人を責めようとする自分はコントロールできる。


つまり、才能のあるなしではなく、

変わる意思があるかの方が重要。


できれば淡々と。





・・・・・・・・・・・・・・・


お読みいただき、ありがとうございます。


あなたのお力を貸してください。


ゴルフブログランキングに挑戦し始めました。


少しでも役に立ったなと思ったら、


下のリンクを押していただくと、


私のランキング結果に反映されます。


ブログ更新の励みになります



↓こちらです↓



ゴルフ上達法ブログランキング



人気ブログランキングへ


応援いつもありがとうございます。



posted by Mr.K at 00:20| 【コラム】ゴルフは8割メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする