2017年07月07日

そもそも何から練習したら良いのか?わからない問題


ゴルフ・コーチングで
皆さんのお話を聞かせていただくと

「コースでうまくいかない」という理由について、

おそらく、いっぱいあると考えているとは思うのですが、

そもそも、練習の仕方がわからないのではないかと思うようになりました。

アイアン?
ドライバー?
パター?


「何をどうやって練習したら良いのか??」

それ自体が

よくわかっていないのでは、
ないかということに気がつきました。



効率良くスコアを減らすには「何から今すぐ」

練習したら良いか?


このブログでは
基本的にはメンタル面の話を多く取り扱っています。

時間はかかるかもしれませんが、

よりゴルフに適した考え方に

成長していくことは、もちろん可能だと考えています。



では、スイングはどうでしょうか?

体力面から
これ以上の飛距離アップは正直難しいと感じている方…

アイアンショットは、
今のまま変えたくないと思っている方もいると思います。



そうなると、

スコアを縮めるのはショートゲーム(アプローチとパット)
が鍵になります。

でも、

パターも「グリーン」を正確に読める目と

イメージ通りの距離と方向にストロークする技術が必要です。

プロでさえ悩んでいますよね…

そうなると最後の手段は…


ゴルフアプローチ上達革命をするしかないかもしれません。


【そもそも、90%以上のゴルファーの
アプローチの練習は間違っている】


アプローチは、

練習次第でかならず上手くなりますが、

残念ながら、日本の練習場だと

「芝生から打つ経験が極端に少ない」

人ばかりです。環境のせいなのでどうしようもありません。

そうすると、コース上でイメージ通りのアプローチが難しい…


けれど、残りの10%以下の人は

正しい練習方法によっては、

そのような環境のハンディを克服しています。

知ってさえいれば…

アプローチの技術を改善することは可能なのです。


アプローチ上達を考えて見るなら…




今日もお読みいただきありがとうございます。


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村