2017年12月16日

自分に対する質問の質

ラウンド中、自分にどういう問いかけをしていますか?



「ここから乗らないんじゃないか?」

「池を超えないのじゃないか?」

「ここで失敗したらみんなが笑うんじゃないだろうか?」


以上に当てはまる人、


実は、


「ここからあと3打であがるとすると、このショットはどこへ打つ?」

「ここからよくなるとすると、何がきっかけになる?」

「ここから、冷静にボギーで損切りするために、一歩引くことができる?」


という質問をしている人もいます。

(私の考えではなくて、私が調査した結果です)




何も考えない方が最高のパフォーマンスが出ます。




では、もう一つ質問をします。



最高のパフォーマンスが出ない時に、


それでも上手にスコアをまとめる人がいますよね。




その人のどこを見るか?


「スイング」のように目に見えるテクニックだけでなく、


「プレー中に、自分とどういう対話をしているのですか?」


と聞いてみてください。



その時、自分とのギャップに気づくことができます。



ゴルフで必要なメンタルとは、


我慢強いという意味だけでなくて、

自分の得意パターンと不得意パターン、

さらには、

自分以外のケースも知っていることも重要です。


レッスンでまたこのことについてお話ししますね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。