2017年07月01日

ピンポジションから考える,パーオン率の上げ方

まずは,下の図をごらんください。

パーオン率を上げるために.JPG




ピンを狙う際に私が何を考えているかというと,


まずピンポジションを見て,左右のブレ(と持ち球)を考慮し,

カップの位置からグリーンを4つに分割します。


@右と左のどちらが狭いかを考えます。

このときに×と△が書いてあるゾーンを狙うことは,原則しません。

※リカバリーが効く場合は,スコアを伸ばすために必要に応じて狙う。



Aまず横のラインを決めます,

点Aはカップと広いほうのグリーンエッジまでの中点です。

通常はこのラインを狙います。

(特にPW〜7Iくらい)


ショットに自信があるときは,

点Bを狙います。

点Bは1/2ではなく,1/3に分割したよりカップに近いラインです。

(SW,AW)





つまり,いつでも何でもかんでも,ピンに向かって,

打っているわけではないのです。


だから,ミスしても何とか,

ある程度はグリーンに乗るのです。

(ここが大事ですね)



僕はチキンハートなので,「常に保険をかけています」が

はっきりとした手順があります。


B奥行きも考慮する。

ピンが手前の場合は,

「今度は縦の距離感を考慮して,Aではなく,A’を狙うように変更します」

少し,自信があるときは,縦の距離もシビアなイメージがわくので,

B’を狙います。


※何度も回っているコースの場合は,グリーンの傾斜で,

「奥は不可」の場合がありますね。それはもちろん考慮します。



面白いもので,「調子が良すぎて,ピンに狙うと」逆にやられることがあるので,

調子がいいときは,

BとAの間・・・Bにがっつきすぎないようにすることもあります。




フェアウェイウッドは,

「グリーンに乗せるのは実際には難しいクラブなので,きちんとセンターを狙います」






80台が安定して出るまでは,「絶対センターしか狙わない」と心がけるのもとても良いと思います。

120〜100のスコアが目標の場合は,


まず,バンカー越えを避けて,

「グリーンの外からパターで転がして乗せる」くらいの気持ちでゴルフができると,

実はスコアが良くなったりしますよ。


是非,いろいろと思考のパターンを自分なりに作ってみてください。


シングルプレーヤーになるのはそんなにむずかしいことではありません。



シングルプレーヤーになるためには
安定したスイングと
崩れたときに修正できるスキルが
絶対に必要です。


シングルゴルファーの方向性安定プログラム


方向性が安定するためには、
簡単な物理学を知る必要がありますし、
効果的な体の使い方も知らなければできません。



シングルゴルファーの方向性安定プログラム


普段の練習場から、ターゲットを絞って打ったり
スイング自体を勉強することが絶対に必要です。

目的をもって、練習を継続してみてください。


 
posted by Mr.K at 12:07| 80切りの為の戦略と練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。