2010年07月17日

打球練習時のアラインメント(方向どり)の重要性

今回は練習法について書きます.

あえて,「80切り」の項目にアラインメントの重要性を書きます.



例えば,


コースで右サイドのOBゾーンへボールが消えていく,

そんなとき,

「ああ!また,スライスだ〜」

と叫ぶ人がいますよね.
確かに本当にスライスしている時もあります…

しかし,実はただ単に

「打ち出し方向が初めから右にズレている」だけだったりします.

同じことは自分では「フックだと思っている球」にも起こっています.


これは,ある程度練習で矯正していくことが出来ます.
(もしくは球筋を正しく見る目を養うことが出来ます)


やり方は,

「目標とボールを結んだ直線上のボールから1mくらいのところにゴムティーやスポンジを置く.」

(注:硬いものを置いておくと,トップしたボールがそれに当って跳ね返る危険があります)

それだけです.



球筋がわからないのは,ボールと目標の2地点しかないせいではないでしょうか?

スパットがあれば(3点あれば),打ち出し方向が見えます.
そして,このスパットの上をボールが通過するようになれば(結構難しいですが…)

かなり打ち出し方向が安定している

と言えます.

(この話は,あくまでも「完璧なストレートの球」について述べているので,ドローやフェードを求めている人は,ボールの打ち出し方向が自分の意図したとおりのものであるか,を考える必要があります)


ナイスショット(芯を食うあたり)でOBゾーンに消えるのはものすごく悲しいですから…

練習場での意識一つで,ショットの安定性が高まるはずです.

同様に傘やクラブをスタンスラインと

並行において打球練習を繰り返すことで,体の向きがイメージできるようになります.

かなり重要な基礎(アラインメント=方向取り)なので,常に実践していただきたいです.

目標に対して正しく(意図どおりにスタンスを取る)ということは非常に難しいことなので丁寧な繰り返しが必要です.
posted by Mr.K at 17:37| 80切りの為の戦略と練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。