2016年05月29日

時間がないから「こそ」成長できる!


みなさん、
練習するために「時間」と「お金」をかけて、
いるとは思います。

なぜかというと、
【ゴルフがうまくなりたいから】だと思います。

その気持ちはとても大切なことなのです。
(*^^*)


さらに重要なことは、

その思いをどれだけ

「行動レベルに自然に落とす」かということです。

思うだけは何も改善されません。

自分自身で、意識して、

得た知識、気づき、開眼したこと…

それらを忘れないうちに、

どれだけ反復できるか?

思い出しやすいように例をあげます。

サンドウエッジの溝をgrooveと言います。

「サンドウエッジを見るたびに、『今日のこの動きを』、脳にgroove(刻み込む)』する」

と意識してみてください。

(冗談に聞こえるかもしれませんが、重要です)




僕自身、

学生時代にゴルフを始めた時は本当にお金がなかったので、
学費と練習代を稼ぐために、
アルバイトを4つかけもちしていました(笑)

時間もお金も先生もいませんでした。

ただ、周りの人と比べずに、もっと成長したいという思いで練習していました。


その中で8ヶ月でシングルのレベルになれたので、

ホントちょっとのやる気と工夫とスキマ時間の使い方だと思います。


ちょっとずつでもやってみれば、結果は変わります。


大前提として、

「人は忘れる生き物で、ミスは起こり得る」ということを自覚して取り組むことです。

忘れてしまうからこそ、
練習で得た気づきは「全てノートに書いていました」

忘れたら、覚えなおせばいいんです。

これをやると思い出すために使う時間が少なくて、

結局時間が断然オトクなんですよ。


具体的な行動レベルの例


さっそくできる
ゴルフがうまくなるスキマ時間トレーニングをお伝えしますね。

30分あれば、
ゴルフ中継を見ながら、好きなプロと同じリズムでパットの練習をしてみる。
ショットの意図を考えてみる。
トーナメント中継の解説者の言葉の意味で理解できない部分を書き出す。
チューブを使って肩甲骨のトレーニングをする。

15分あれば、
チップショットの練習を部屋でする。
例えば、座布団に1m先の座布団にボールを当てる。
(安全に配慮して。)

5分あれば、素振りする。
(例えば僕は室内でも安全に振れる練習器具があるので、すごく重宝しています)

1分あれば、クラブの持ち方を確認する。

30秒あれば、30度前傾して胸の前で手を組んだ状態で、体を左右にひねる。
(さらに応用編としては、目をつぶった状態でバランスを保つ)


☆☆☆


ここまで、文章を読んでくださる方は大丈夫だと思います。


「したい人、10000人。 始める人、100人。 続ける人、1人」

という作家の中谷彰宏さんの言葉もあります。

すべてはgrooveの質です。

それは一回の時間ではなく、「頻度」です。

別にこれはゴルフに限らない、

とても単純な話です。

焦らず、少しずつ、具体的に行動したら、

今より必ず良くなります。

今日はここまでにしておきますね。

週末コンペの方は楽しんできてください。
(*^o^*)


※他にも…
僕も家でよく布団を壁に当てて
ヨガマットの上に練習マットを引いてやれば、

アプローチやパッティングの向上につながります。

効果的なドリルを継続すると練習場に行く
時間とお金が節約できますよね^ ^
↓↓


ゴルフ自宅練習プログラム



今日もありがとうございます。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


上達するためのゴルフメルマガ
posted by Mr.K at 20:05| 【コラム】ゴルフは8割メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

290ヤードから⇒さらに330ヤードヒッターに伸ばした人の実話

飛距離アップトレーニングで

以前こんなできごとがありました.



私の素晴らしい先輩のプロゴルファーのお話です.
(PGAトーナメントプレーヤーであり,
 海外のQTにもチャレンジしていた人です)


おそらく普通の人は真似できない練習方法です.

そもそも危険だし,
残念ながら
一人でできないからです.

そして信頼関係がないと無理だからです.




4年前?の冬のことです.

私たちがいたコースは冬場はかなり雪でクローズとなり
コースを回ることができませんでした.


その先輩はもともと280〜290ヤード飛ぶ人だったのですが,

あるトレーニングをすることによってさらに飛距離が伸びました.




信じられないかもしれませんが

実話です.

その人は,
当時(ここがかなり重要)



「体重移動が大事だ」と言って,


その冬の間,

ずっと片足を上げて踏み込んで打っていたのです

私はコースに出て,ずっと先輩のスイングを撮影する係でした.


さらに

先輩と僕の二人で図書館に行って

「ゴルフ」ではなくて,

「野球」と「ピッチングの本」ばかり読んでいました.

僕らが掴みたかったのは,

始動のタイミングや踏み込むポイントでした.






そのうえで,先輩は雪が舞う寒い練習場で

トスされたボールを

ゴルフの素振り用のバットで「ゴルフボールを打つ」

という荒業を行っていました.

(注:絶対に真似してはいけません…)

その練習バットには

はっきりとボールを打ってはいけませんと書いてあるのですが,




僕らは「完全無視」して練習しました.




その結果,黒い素振り用のバットが何本も折れました…

最後は私が青いガムテープを買ってきてグルグル巻きました.

その『証拠の品』があったので台所で撮影してみました.

伝説の青バット.JPG


※他の人が見ても何の目的でこの状態なのか,

さっぱりわからないと思います.

とりあえず,

本気で正気だったのはたしかです.




その結果,先輩は

春になってどうなったかというと,


普通に330ヤードヒッターになりました(驚)


カートキックとかフォローとかそういう
しょうもない話でなくて,
当たり前ですがレーザーで計ったような正確な距離のことです.


この練習は実際,かなり効果があるのだと思います.







このとき僕は何をしていたかというと









ええ…








ずっとトスを投げていました…








一人ではできない練習ですから…


おかげで間近に観察し続けることが

できたから良かったです.













実は,この話には

後日談があります.


結局先輩はこのスイングをいろいろあって,

「止めた(変えた)んですね.」



先輩曰く,

「あのやぁ〜,あの練習はやりすぎだったわ」








ええ〜(涙)


その過程を経て,

実際に今では,

その先輩も私も今はバランス重視の

「腰を切り過ぎないスイングを目指しています」

(⇒ただし,私の場合,名残で腰がグルングルンしてます)



なので,

間違いなく効果はあるし,

先輩のやったことは無駄ではなかったと思いますが

全面的にはオススメしません.

(※雑誌の『体重移動の記事』
 デメリットに対する
 言及が当たり前ですがあまりなされていません)





足踏みとトスバッティングの

メリットは

「飛距離が伸びること」



その上でデメリットは

「振り遅れやすくなること」



その両方を天秤にかけて練習に採用するか決めてください.

でもトスバッティングは危険なので

絶対にやらないでください.



もっと確実な方法をお望みなら…

こちらにヒントがあります。

飛距離アップの方法は、「思いっきり振れば良い」
わけではありません。

プロだからこそ知っている独自のメソッドがあります。
↓↓↓

飛距離革命+30


ブログランキングで飛距離アップを探す
↓↓↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村



posted by Mr.K at 16:56| 飛距離アップの「新常識⁉︎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

寒くても練習できる方法(室内)

年が明けて新しい目標を立てたものの

外は寒いし

冬場になると練習量が減る人は

正直とても多いですね。

ただ、

体も寒い中で無理やり動くと怪我をしてしまいますので、

寒くて練習を外でしたくないけど、

スコアを減らしたいというワガママな方に朗報です(笑)

根性がなくても、工夫さえあれば、

室内でもできるスイング練習方法を紹介します。

04DCEC93-E003-4275-BBF6-2301A866FAEC.jpg

(1)ショートクラブを用意する
(探せばだいたい4000-5000円前後で手に入ります)

※写真のようにあればゴルフ素振り用の
重りもあってもいいかもしれません。


6畳くらいのスペースであっても、

室内灯に当てないよう注意すれば大丈夫です^ ^
(お子さんや壁にも十分注意してくださいね)

練習のポイントとしては、

おへその下の丹田というポジションを意識すること。

あとは、

できるだけ、フェースの動きを意識しながら

ゆーっくり動かしてください。

この練習の目的はフェースコントロールを
安定させることなのですが、

フェースコントロールが安定するとボールがまっすぐ飛びやすくなるので、
結果的に速くスイングしても曲がりにくい土台ができます。


100切りを目指す人は

30回2セット

80切りを目指す人は

50回3セットくらい

1スイングを

5秒から20秒くらいかけて
(できるだけゆっくり)

・グリップを気をつけながら。
・クラブをもつ強さを変えないようにしながら
・前傾姿勢をキープしながら…

というように自分なりのテーマをもって練習してみてください。



効果的なドリルを継続すると練習場に行く
時間とお金が節約できますよね^ ^

さらにレベルアップするならこちら
↓↓


ゴルフ自宅練習プログラム




他のブログ記事を読むならこちら

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


posted by Mr.K at 18:04| 上達するための小さな習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

70台を出せる人の行動習慣

すごくシンプルなのですが、

まず練習をすることを苦行や苦痛に感じていない。




ぼくが(レベルは問わず、)

成長欲求が乏しい感じの方を

教えるのがあまり好きじゃない一つの理由は、

「モチベーションは他の人に与えてもらう」と勘違いを

ヒシヒシと感じるからです。

気づく人は最初からわかってるんですけどね〜




なので、コースに行く習慣でも、
練習場に行く習慣でも、トレーニングに行く習慣でも
素振りをする習慣でもなんでも良いので、

この2つをやればOK

・行動のハードルを下げる



「価値観の序列」の上位にゴルフがないって丸わかりですね〜。


70台を出したいと考えているあなたは間違いなく少数派です。

《周囲の人と合わない》へんな人だと思います。

まず、この変な人を気にしなくなることが重要です。


他にもこんなことが重要です。

・パッティングの精度を上げるドリルを行う

・1ショット、1ショットのつなぎを意識し、ミスショットの後の切り替えが上手


応援してますね^ ^

posted by Mr.K at 21:29| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

アイアンとフェアウェイウッドやユーティリティーのシャフトの硬さはどうすればいいのですか?(2)

【前回の質問の続きです】

お忙しいところありがとうございました。

硬さは良く分かりました。

ではFWとUTの選択に悩むのですが、どちらでも変わらないと理解すれば良いですか?




【僕からの回答内容のコピーです】

同じ角度で、同じシャフトなら

ほぼ距離は一緒です。

ただ、

弾道がFWは高く上がってのボールを止めやすい、
反面デメリットとして、風の影響を受けやすいです。

UTは弾道が低くなり、
FWに比べるとボールが転がります。
なので少し風に強いです。

アイアンが得意な方はUTをおすすめしていますが、

19-23度のFWの方が距離は出しやすい方が多いです。

正直、好みですが、

例えば女子プロの場合は、

1w、3w、5w(19°)、7w(21°)、UT(25°)

のように

ロフト角をずらして、
ロフト角が少ないものはFW

23-25度はUTを使う場合が多いです。

F1レースと同じで、
風のコンディションをみてクラブを変えたりすることもあります。

〇〇さんの場合、個人的には

19度前後のFW
23度前後のUT

でヘッドが好みのものを探されたらよいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気軽にご質問ください。

メールで頂いた内容で
他の皆様にも共有した方が良い場合は
個人が特定できない形で本ブログで
質問と回答内容をシェアさせていただきます。

(※内容によっては回答しない場合がありますのでご了承ください)












posted by Mr.K at 19:13| 私の最新ゴルフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする